bb1.jpg

title2.jpg

title_m6.jpg

ph6.jpgm18.jpg

m19.jpg

断熱材といえばマットを敷きつめるタイプが一般的でしたが、その方法だとマットの継ぎ目のスキマから熱が逃げてしまうという弱点がありました。
スーパージェットファイバーは断熱材を専用マシンで適正密度に吹き込む工法を採用。小さなスキマにも断熱材が入り、壁や天井、床をすっぽりとくるみます。

sukima.jpg

m21.jpg

専用マシンでスキマなく吹き込む、
スーパージェットファイバー吹き込み工法



 thermography.jpg

m22.jpg

建築材料はしっかりとした施工によってこそ、そのすぐれた性能が発揮されるもの。つまり、材料と施工は両輪の関係といえましょう。スーパージェットファイバーはメーカー登録施工店の専門スタッフが施工。断熱のプロフェッショナルの手によるしっかりとした施工で家の快適な断熱性能を保証します。

hikaku3.jpg

sekou.jpg

■スーパジェットファイバーの実技研修

title_m7.jpg

ph7.jpgm23.jpg

m24.jpg

日本製紙グループは、再生可能な資源「木」を活用して多彩な製品を社会に供給しています。持続可能な社会の構築が求められるなか、本業を通じてその構築に貢献しています。

jpn_kamaishi.jpg

m25.jpg

スーパージェットファイバーは天然の木質繊維であるセルローズファイバーが主原料なのですが、実はこのセルローズファイバーは、新聞店などで売れ残った新聞をリサイクルしたもの。40坪の家1棟で約1.2トン使うので、新聞に換算すると、なんと約15〜18年分の新聞をリサイクルしたことになります。限りある資源を有効利用し、環境への負荷を極力おさえるサスティナブル(持続可能)な社会にマッチした断熱材なのです。

recycle.jpg

seihin.jpg
家1棟ぶんのスーパージェットファイバー(左)と新聞古紙(右)

hikaku4.jpg

sozai.jpg

topb.jpgtopb.jpg
s1.jpgs1.jpg
bb21a.jpgbb21a.jpg
bb22a.jpgbb22a.jpg
bb23a.jpgbb23a.jpg
bb24a.jpgbb24a.jpg
bb25a.jpgbb25a.jpg
s2.jpgs2.jpg
bb26a.jpgbb26a.jpg
bb27a.jpgbb27a.jpg
bb28a.jpgbb28a.jpg
bb29a.jpgbb29a.jpg
s3.jpgs3.jpg
s4.jpgs4.jpg
s5.jpgs5.jpg
s6.jpgs6.jpg
bouka_s.jpg..jpgbouka_s.jpg..jpg

bb8a.jpgbb8a.jpg

bb9a.jpg

c.jpgc.jpg