家を建てた人の多くがなにかしら不満を感じています。右図は国土交通省の調査結果から、家についての不満の中から「住んでからわかるもの」だけを抽出。トップは「省エネ性」、2番目は「断熱・気密性」と続きます。
さて、2番目の「断熱性・気密性」はもちろんですが、トップの「省エネ性」も、これからご説明するように、断熱性と無関係ではありません。つまり家を建ててから気がつく不満足面の多くが、断熱もしくは断熱に関係していることなのですね。せっかくのマイホーム。建ててから後悔しないように、まずは断熱のことを知ることからはじめましょう。




現在の住まいの悩みのトップスリーは「暑い」「寒い」「結露」の3つといわれています。そして、この3つともすべて断熱で解決できることでもあります。
なかでも「暑さ」が断熱で解決できることは、意外と知られていないことです。部屋の中の暑さは直射日光を受けた屋根や外壁の熱が天井や壁を通して伝わるからで、しっかり断熱することで、熱を遮断できます。また、冷房が効いた快適な室温を壁を通して逃さないのも断熱の効果なのです。



よくエアコンが設定温度20℃なのに「全然、暖かくない…」といった経験を
したことはありませんか。これは、外気温に影響された壁なのど室内表面温度が低いために、
あなたが感じる温度は寒くなるのです。すなわち、体感温度が低いということになります。
高い断熱レベルの家にすることで、快適な温度を保ち、お財布にもやさしい家づくりをしましょう。



リビングとお風呂場やトイレの厳しい温度差で起こるヒートショック。高齢者の死因で最も高いとも言われています。
断熱レベルの低い家ではリビングとトイレは6℃以上の差があります。断熱レベルの高い家では2℃ほどなので、ヒートショックの心配もありません。部屋間の温度差を少なくして、快適で健康的な住空間を実現しましょう。



温度差は結露を生みます。病気の原因にもなるダニやカビは結露が大好き。温度差をなくすことで結露もなくなり、家族の健康も守られます。
実際に断熱性が高い家に引っ越したことによってアトピーやぜんそくなどの病気が改善された例も報告されています。




ぜんそくやアトピーなどの病状がある、引っ越した人約20,000人に、新居での病状について聞きました。その結果、断熱性能が高い家に越した人のほうが病状の改善率が高いことがわかりました。